デリケートゾーン 処理

もしかしたらのためのデリケートゾーンの処理

デリケートゾーンの処理

デリケートゾーンって女性にとっては本当にやっかいなものです。今日はそんな女性の嫌な処理を代弁するかのような体験談を紹介します。

 

普段デリケートゾーンは人目に触れませんし、処理をしていない人もいると思います。私はしょっちゅうはデリケートゾーンの毛を処理していないのですが、時々かゆくなったり、毛が長くなってきて、トイレをする時や、生理の時なんかにふき取る時に邪魔になったりするので、伸びてきたら処理をしています。

 

そういった時は剃る訳ではなく、毛をカットするくらいです。毛のカットはハサミでするのですが、デリケートゾーンは処理しにくいので大変です。慎重にしないと、毛と一緒に肌も切ってしまいそうで怖いし、めちゃくちゃ長いという毛では無いので、処理も難しいなと思います。

 

彼氏などがいなくて特に誰かに見られる機会も無い時は、ハサミでパパッと切って、とにかく邪魔だから出来るだけ短くカットします。何度も切ったりする行為は面倒だし、短い方がかゆくならないくて、気にならないのでいいのです。

 

人に見られないときはこんなにざっくりと適当にしますが、人目に見られる機会があるかもしれないという時はきちんと丁寧に処理します。例えば、海に行く時とかに水着になる時や、温泉などに行って、裸を見られる機会がある場合です。

 

ある程度は方法は一緒ですが、もっと丁寧に長さを揃えてカットして、後はビキニとかからはみ出してしまいそうな部分を、カミソリで剃るようにしています。水着の場合は不安なので、結構広い範囲まで剃るようにしています。でも全剃りとかしてしまうと、その後に友達と温泉に行ったりするので、丸見えになってしまうのも恥ずかしいので、キチンと毛を残しておきます。

 

ありすぎても恥ずかしい、ですが無さ過ぎても普通と違って変かもしれないと思うと、
少し生えているくらいが一番ベストなんじゃないかなと思います。

もしかしたらのためのデリケートゾーンの処理関連ページ

デリケートゾーンのケアで悩んでいます。
デリケートゾーンのケア方法で悩んでいるという方からの体験談です。
デリケートゾーンの臭い対策
デリケートゾーンって中々気づきにくいですよね!でも気づいた時には遅かった!なんてことも有ります。早め早めの対策をしましょう

ホーム RSS購読 サイトマップ